スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反日映画と韓国の核開発

韓国でノーベル賞発表の時期になると毎年名前が出てくる人物がいる。
李輝昭(イ・フィソ)という韓国系アメリカ人の物理学者で英語名は、ベンジャミン・W・リーという人物だ。
彼が注目される理由は、70年代の韓国の核開発と関係している。

70年代中盤に朴正煕大統領は密かに核開発計画を進めるのだがアメリカに計画を知られてしまい韓国の核開発は中止となったと言われている。
その数年後に、アメリカで李輝昭が乗った自家用車が事故に遭い、彼は亡くなってしまう。
事故は対向車線のトレーラーがパンクしてコントロールを失い衝突したのだが韓国では陰謀説が流れた。
韓国の核開発を阻止する為にアメリカが事故を装って彼を暗殺したという内容だった。

李輝昭は素粒子物理学者であり核開発とは関係無い研究をしており実際にも韓国の核開発とは関係していない。
むしろ彼は朴正煕を独裁者として嫌い韓国に行けば何をされるか分からないと韓国行きを避けていた。
韓国にいる母親と会う時も、わざわざ母親を日本に呼び日本で会った程だ。


mukuge.jpg


93年に発表された金辰明の反日小説「ムクゲの花が咲きました」に登場する核物理学者の李博士は彼を題材としている。
イ・ヨンフ博士と名前は変えているが韓国が生んだ天才物理学者が米国から韓国に帰り核開発の途中で謎の死をとげるというストーリーだ。

「ムクゲの花が咲きました」は100万部を超えるベストセラーとなり95年には映画化もされ良い映画として韓国の映画賞も受賞している。
内容は韓国と北朝鮮が手を結び日本に核ミサイルを撃ち込むというストーリーで日本を悪役にした反日映画となっている。
ムクゲとは韓国の国の花になっており核爆弾で花を咲かせたという意味にもなっているのでしょう。たぶん


【反日洗脳映画 ムクゲノ花ガ咲キマシタ】



この反日小説「ムクゲの花が咲きました」は李輝昭博士の遺族により名誉毀損で訴訟を起こされています。

ガリガリに痩せ、メガネをかけた雑魚みたいな人物描画は名誉毀損であり実際の博士の人生とも異なっており人格権を侵害していると訴えたのだが韓国は反日無罪の国ですから、裁判に負けてしまったそうです。

スポンサーサイト

韓国の俗称で呼ばれる地域


☆俗称 : オーパルパル

ソウル清凉里588にある歓楽街。
588は韓国語で「オーパルパル」と発音する事から、こう呼ばれる。
タクシー運転手にオーパルパルと言えば店に連れて行ってもらえるらしい。
ぼったくりには注意が必要だが。

☆俗称 : ミアリテキサス 

ソウル下月谷洞にある歓楽街。
テキサスと呼ばれる理由は、アメリカの西部劇に由来。
テキサスを舞台とする西部劇と言えば銃の早撃ちですよね。
ここも早撃ちの15分7万wonのコースがあるらしい。

☆俗称 : チャガルマダン

大邱・桃園洞にある歓楽街。
「砂利庭先」と書いてチャガルマダンと呼ばれる。
日本での知名度は低いがコーヒーショップよりも風俗店が多いらしい。


☆俗称 : イエローハウス

仁川、崇義洞(スンウイドン)にある歓楽街。
店は温泉マークに番号を付けた店番で区別されてるらしい。






私は、行った事もないし、詳しくもないので詳細な情報が必要な方はネット検索でお願いします。

「Black Korea」アメリカの嫌韓ソング

【 Ice Cube / Black Korea 】


         (歌詞 抜粋)
「黒人達は、うんざりしてるんだ。人を見れば泥棒扱いしやがって!」

「そこの細目の馬鹿野郎、泥棒なんかしねーよ」

「早く会計済ませろよ。後を付回すな!お前の尻に一発入れてやろうか」

「放火してやろうか、ぶっ壊してやろうか」

「I do fu*k you !」


ICECUBE.jpg


すごい歌詞が並び英語圏での禁句「Fu*k」が何度も登場する、この曲は、アメリカの黒人ラッパーIce Cubeが歌っています。

91年にコリアンの店主により黒人少女(15歳)が射殺された「ラターシャ・ハーリンズ射殺事件」が発生したのだが、その直後に、この曲は発表された。

黒人少女は、ジュース1本と支払いの為の小銭を握っていたが万引きを疑われ店主と揉みあいになった。

少女は商品を返して店を出ようとするがコリアンの店主に頭を撃ちぬかれ射殺されてしまった。

黒人少女を射殺した店主に下された判決が殺人罪としては異例に軽すぎたのも黒人社会とコリアンとの対立を更に加速させた。

コリアンは主に競合相手のいない黒人地区で商店を開き従業員には黒人でなくヒスパニック系を雇った。

韓国人の極端とも言える黒人蔑視なども加わり、黒人達の間では自分達を差別しながら商売する連中というイメージが定着していた。

そんな中「Black Korea」の曲が発表された翌年(92年)にロサンゼルス暴動は発生した。

黒人社会と白人社会の人種問題が暴動の原因と言われているがKoreaTownを集中的に襲撃され襲撃被害の半分は韓国人商店の被害だったとも言われている。

ロスのサウスセントラルには韓国人が経営する食品雑貨店が700件あったというが、その内の240件が全焼したというから、相当な被害だった様だ。


ロス暴動ではコリアンの青年が1人、銃弾にあたって亡くなっている。

彼はロスの韓国系テレビ局が放送した特別番組の誤報に騙されてしまった。

「韓人社会を防衛する為、青年有志は集結して下さい」

「第三大通りに、すぐに救援に来て下さい。」

おまけに豊臣秀吉を引き合いに出して

「秀吉がウリナラに攻め込んだ時は女性も投石に参加し城を守った。」

愛国放送を信じて現地に行った大学生の李くんは皮肉にも韓国人が発射した弾丸に当たって亡くなってしまった。

ロス暴動で亡くなった韓国系の被害者は彼1人だ。

ロス暴動ではコリアンが銃を乱射する映像が世界中に放送されたが、これは撃ち過ぎだろう。




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。