スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国のアイスCMを見てみよう


これは韓国のアイスCMですが、元ネタがあります。





元ネタは、2002日韓共催ワールドカップ、イタリアvs韓国の試合にあります。

日韓共催ワールドカップは、日本での試合は公平な判定で賞賛されたのに対し韓国での試合は審判買収、怪我人続出と世界中から非難されました。

中でも一番有名になったのが、このトッティーにレッドカードが出された場面でしょう。

動画を見れば、反則をしているのは韓国側だと分かるのですが審判のバイロン・モレノは韓国に買収されていたのでは?との噂が流れました。

その後モレノ審判は国際審判の資格を除名されました。





イタリア代表のトッティ選手は、韓国戦での不可解な判定で負けた後に次の名言を残しました。


  もしこれが勝利なら、俺はずっと敗北者でありたい。

  もしこれがサッカーなら、俺はこのスポーツを嫌いになるだろう。

  もし彼らが韓国人なら、二度と会わないことを神に望む


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。